ウイスキー&バー一覧

NO IMAGE

トリスでハワイ!キャンペーン実施中、いますぐ急げ

現在、トリスでハワイ!キャンペーンを実施中。ハワイへの旅が当たるオープンキャンペーンは5月20日まで。急いで応募しよう。またトリスブランドの製品、合計500円以上購入で、オリジナル・ハワイアングッズが総計5000名様に当たるキャンペーンも実施中。こちらの応募期間は5月7日~7月31日23時59分まで。 ...

NO IMAGE

メーカーズマーク セラーエイジド2023/超長期熟成その味わい評価

メーカーズマークの挑戦的な超長期熟成「マーカーズマーク セラーエイジド2023」が発売された。3代目、ロブ・サミュエルズの創作である。スタンダードの熟成を終えた製品を、庫内温度を年間10度程度に保てるライムストーンセラー(石灰岩づくりの貯蔵庫)に樽ごと移し、スタンダードと同程度の追加熟成をおこなうという行程を経たもので、エイ...

NO IMAGE

山崎蒸溜所100周年11/1950年代、戦後日本の酒場事情

今回は昭和20年代のトリスバー文化が戦後の酒場事情にどのような影響を与えたかを解説する。敗戦後の世の中が荒んでいた時代、「トリスウイスキー」が大衆に受け入れられるとともに、「ホッピー」が誕生し、また酎ハイの割材、謎のエキスと呼ばれた「ハイボールA」が開発され酎ハイが人気となる。ウイスキー興隆とともに、これらはウイスキーよりも...

NO IMAGE

山崎蒸溜所100周年10/1937―1950までのサントリーウイスキー

今回は戦時下、終戦後までのお話になる。洋酒に厳しい目が向けられるなか、ウイスキーを愛する日本海軍の便宜によって原料の大麦が山崎に運び入れられる。そして海軍から特製「イカリ印サントリーウイスキー」が発注されている。終戦後はいち早く「トリスウイスキー」を発売し、そして1950年に自由競争の時代を迎え、トリスバーの出現、「サントリ...

NO IMAGE

山崎蒸溜所100周年9/1929―1937までのサントリーウイスキー

創業101年を迎えたサントリー山崎蒸溜所であるが、100周年記事としてこのまますすめていく。前回で文豪・谷崎潤一郎の山崎散策から、戦後の吉田茂首相の山崎訪問までの25年間でサントリーウイスキーの世の中への貢献度が大きく変わったことを述べた。今回はその歩みを述べてみたい。 ...

NO IMAGE

リージェント味わい評価/ビーム家伝統のバーボンとサントリー・ブレンディングの融合

新たなアメリカンウイスキーの世界へと導く「LEGENT」(リージェント)が限定発売された。ビーム家7代目フレッド・ノウがつくり上げた伝統のバーボンウイスキーに、サントリーチーフブレンダー福與伸二が卓越したブレンド技術で新たな香味の息吹を注入、創造したものだ。その構成原酒は長期熟成バーボンウイスキー、赤ワイン樽後熟バーボン、シ...

NO IMAGE

ローヤル<辰歳>ボトル/2024ウイスキー陶製干支ボトル発売

毎年人気の高いウイスキー陶製干支ボトル「サントリーローヤル<辰歳>ボトル」が11月7日に発売された。2024年(令和6)の干支は辰(竜・龍)。竜神は雨を降らせ、水を守る。水の守り神である竜神に、生命の水であるウイスキーも守られているのである。もしかして、「ローヤル<辰年>ボトル」には竜神が宿っているかもしれない。 ...

NO IMAGE

ザ・マッカランダブルカスクが誘うシェリー樽熟成モルトの魅力

シェリー樽熟成モルトといえば「ザ・マッカラン」である。材質の異なるヨーロピアンオークとアメリカンオーク、それぞれのシェリー樽熟成モルトをブレンドした「ザ・マッカラン ダブルカスク12年」の味わいを評価してみた。またアメリカンオークがシェリー樽に使われはじめた歴史的背景についても語る。 ...